韓国におけるコロナ19特別防疫対策の延長(2月18日)

2022/2/18

コロナ19特別防疫対策について、現行の措置が3月13日まで延長されます。
 食堂・カフェ等の利用時間が22時までに変更されます。


1.18日、韓国政府は、「コロナ19特別防疫対策」について、経済を考慮して防疫・医療体系が耐えられる水準で最小限の調整は避けられないと判断して、19日から3月13日までの3週間、同措置を延長すると発表しました。
 なお、食堂・カフェ等の利用時間については、現行では21時まででしたが、22時までに変更されます。
 
2.新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した人を追跡するために行っていた情報取集(QRコード、安心コール等)の義務化を暫定的に中止すると発表しました。
 しかし、食堂・カフェ等の施設を利用するための防疫パスの確認は継続されます。
 
※コロナ19ホームページ(韓国語)
http://ncov.mohw.go.kr/tcmBoardView.do?brdId=&brdGubun=&dataGubun=&ncvContSeq=370247&contSeq=370247&board_id=&gubun=ALL
 
3.韓国国内における一日当たりの新規感染者数は、17日0時時点で109,831人、釜山総領事館管轄地域である釜山広域市は6,577人、大邱広域市は4,538人、慶尚北道は3,285人、慶尚南道は4,622人、蔚山広域市は1,947人となっており、全ての地域において感染者の数は、過去最高を記録しています。
 
感染を予防するためには、新型コロナウイルスワクチン接種後も、手洗い、マスクの正しい着用、3密(密閉・密集・密接)を避けるといった基本的な感染症対策や、健康管理を心掛けることが大切です。
 
在留邦人の皆さまにおかれましては、韓国政府及び自治体、保健当局等が発表する情報や感染予防対策等を通じ、最新の情報をご確認の上、これまで以上に感染予防に十分ご留意いただきますようお願いいたします。
 
在釜山日本国総領事館
(住所)18, Gogwan-ro, Dong-gu, Busan, Republic of Korea
         (釜山広域市東区古館路18)
(電話)051-465-5101(国外からは+82-51-465-5101)
(FAX)051-442-1622
(ホームページ)https://www.busan.kr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html