韓国におけるコロナ19特別防疫対策の延長

2022/1/14

社会的距離の確保の強化措置が2月6日まで3週間延長されます。
 私的な集まりについて、現行の4人から6人までに変更されます。
韓国への入国者に対する事前PCR陰性確認書の提出基準が強化されます。

 
1.1月14日、韓国政府は、「コロナ19特別防疫対策」について、1月17日から2月6日まで3週間延長することを発表しました。
―私的な集まりの人数基準が4人から6人までに変更されます。
不特定多数が利用する施設の運営時間制限、行事・集会基準、宗教施設における防疫措置等の私的な集まり以外の措置は、現行通り維持されます(昨年12月16日付領事メール御参照)。
 
※コロナ19ホームページ(韓国語)
http://ncov.mohw.go.kr/tcmBoardView.do?brdId=&brdGubun=&dataGubun=&ncvContSeq=369760&contSeq=369760&board_id=&gubun=ALL
 
2.また、昨日(1月13日)、韓国政府は、海外から韓国へ入国する際の感染者数が増加していることに鑑み、海外から韓国に入国する際の防疫対策を1月20日から当分の間、強化することを発表しました。主な措置は次のとおりです。
―韓国に入国する際の事前PCR陰性確認書の提出基準が、現行の出国日前72時間の検査要件から48時間前に強化されます。
(例:1/15 AM10時にPCR検査を実施 → 1/17 AM10時に48時間経過、同日24時までに出国すれば問題なし)
―現行では、国内(海外)予防接種完了者の場合、海外から韓国に入国した後に公共交通機関での移動が可能でしたが、自家用車、防疫バス(入国者専用バス)、防疫タクシー、防疫列車(KTX専用車両)のみ利用可能となります。
 
※コロナ19ホームページ(韓国語)
http://ncov.mohw.go.kr/tcmBoardView.do?brdId=3&brdGubun=31&dataGubun=&ncvContSeq=6285&contSeq=6285&board_id=312&gubun=ALL
 
3.感染を予防するためには、手洗い、マスクの正しい着用、3密(密閉・密集・密接)を避けるといった基本的な感染症対策や、健康管理に心掛けることが大切です。在留邦人の皆さまにおかれましては、韓国政府及び自治体、保健当局等が発表する情報や感染予防対策等を通じ、最新の情報をご確認の上、引き続き感染予防に十分ご留意いただきますようお願いいたします。

 在釜山日本国総領事館
(住所)18, Gogwan-ro, Dong-gu, Busan, Republic of Korea
          (釜山広域市東区古館路18)
(電話)051-465-5101(国外からは+82-51-465-5101)
(FAX)051-442-1622
(ホームページ)https://www.busan.kr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html