曺圭逸晋州市長、駐釜山日本総領事の公邸晩餐会への招待をうける

令和5年8月14日
https://www.busan.kr.emb-japan.go.jp/img/b.gif<記事原文>
 https://view.asiae.co.kr/article/2023081320031208254
 

 大塚剛総領事「晋州K企業家精神」に大きな関心


 慶尚南道晋州(チンジュ)市は14日、曺圭逸晋州市長が大塚剛駐釜山日本総領事から招待され、総領事公邸で晩餐を行ったと明らかにした。
 今回の晩餐行事は、6月に晋州市を訪問し、智水(ジス)の勝山(スンサン)村とK企業家精神センターを見学した大塚剛総領事が晋州市の暖かい歓待に応えようと曺圭逸市長夫妻を官邸に招待して行われた。
 曺市長は晩餐会で大塚剛総領事の招待に対して感謝を伝え、ユネスコ創造都市であり、伝統・文化・芸術都市という点で晋州市と似た点が多い金沢市との持続的な交流のために総領事の役割が重要だとし、協力してほしいと要請した。
 さらに、今後晋州市と日本の都市との交流活性化に向けた議論も続けた。この席で大塚剛総領事は、晋州K企業家精神の世界的な拡散に大きな関心を示した。
 曺市長は「今晋州はK企業家精神の首都と世界的な流灯都市としてホットだ。10月は世界的な祭りである「晋州南江流灯祭り」に全世界から多くの観光客が訪れるものと予想される。特に日本交流団からも晋州市にたくさん訪問すると聞いている」とし「大塚剛総領事夫妻とも水・火・光が一つに調和した、美しい10月の晋州でご一緒できることを期待する」と述べた。