在釜山日本国総領事に大塚剛・日本外務省大臣官房対日理解促進交流室長を任命

令和4年10月21日
https://www.busan.kr.emb-japan.go.jp/img/b.gif<記事原文>
   
http://www.ksilbo.co.kr/news/articleView.html?idxno=946232

 韓国語が流暢で一度に周囲を圧倒する話術と親和力、ソウルから地方まで幅広い人的ネットワークを確保

 日本外務省は1日、在釜山日本国総領事に大塚剛・日本外務省大臣官房対日理解促進交流室長兼アジア大洋州局地域協力室長を任命したと発表した。
 大塚総領事は東京で生まれ、横浜市立大学経済学科を卒業し、1985年に外務省に入省して外交官になった。彼は延世大学語学堂を修了し、ソウル大学国文学科で1年6ヵ月間学士課程で学んだ経歴があり、在韓日本国大使館1等書記官、在釜山日本国総領事館首席領事、在韓日本国大使館領事部長(参事官)などを勤めた代表的な日本の知韓派外交官として知られている。
 知韓派外交官らしく韓国語が流暢で、一度に周囲を圧倒する話術と親和力で、ソウルから地方まで幅広い人的ネットワークを持っている。
 特に彼は、2010年9月、在釜山日本国総領事館の首席領事として赴任してから5年近く勤め、釜山地域を始め、蔚山等の社会状況に対し、広く、深く理解し、分析したという評価を受けている。
 特に、内閣官房拉致問題対策本部参事官補佐等を務めるなど、南北問題を始め、韓国の政治·経済·社会·文化など、多様な分野で識見が高いと知られている。
 地域のある日本専門家は「大塚剛在釜山日本国総領事の赴任を歓迎する」「知韓派総領事の赴任で行き詰まった韓日関係と地域間交流の扉が開くことを期待する」と語った。