【총영사실에書】第31回「飛来福」

2022/1/27
「飛来福」
 クリスマス、年末年始が過ぎ、寒い日々が続いています。私は寒さが好きで、釜山では少々物足りないくらいですが、オミクロン株の拡散が止まらない中、木々が芽吹く、本当に明るい春の到来がいつも以上に待たれます。日本では、新暦の1月1日に新年を迎え、「新春」の挨拶を交わしますが、春と言うには最も寒い時期です。目前に迫った旧正月は、まさしく春の気配を感じ始める「新春」であり、いよいよ壬寅の年が本格始動する名節です。皆様に、改めて新年の大きな幸福が飛来することを念じつつ、「飛来福」と書きました。