【총영사실에書】第22回「競(きそう)」

2021/8/30
「競(きそう)」
 オリンピックに続き、東京パラリンピックが開幕しています。障害を乗り越えて競技に臨む選手の努力は、想像を絶するものでしょう。競技の「競」という文字は、人同士が激しく論争する姿から出来たと言います。古代の金属器などに残されたこの文字は、確かにそう見えますが、共に進む仲間同士の姿にも見えてきます。真剣に競いつつも、互いのリスペクトを忘れないアスリートたち、その信頼感と共感が溢れる競技場の場面からは、現在の厳しい状況を生きていく上での勇気を得る思いがします。今回は、甲骨文の「競」の姿を借りて書いてみました。