MERS患者の韓国内流入による感染症危機警報について

感染症危機警報レベルが「関心」から「注意」に
 
 8日、韓国政府・疾病管理本部は、中東呼吸器症候群(MERS)患者の韓国国内への流入事件が発生したことに関連し、感染症危機警報レベルを「関心」から「注意」に引き上げ、中央防疫対策本部を設置しました。今後の動向等に注意してください。
 なお、MERSに関する感染症危機警報レベルは以下の4段階となります。
「関心」・・・海外におけるMERSの発生
「注意」・・・MERS患者の国内への流入
「警戒」・・・国内における制限的な伝播
「深刻」・・・地域または全国的な拡散
 
 疾病管理本部 HP( http://www.cdc.go.kr/CDC/main.jsp )(原文)
 感染症危機警報レベルにかかる報道資料( http://www.cdc.go.kr/CDC/notice/CdcKrIntro0201.jsp?menuIds=HOME006-MNU2804-MNU2937&fid=21&q_type=&q_value=&cid=140615&pageNum=  )(原文)
 
 
(参考1)厚生労働省HP(中東呼吸器症候群(MERS)について)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html
(参考2)厚生労働省HP(中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A)  https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers_qa.html
 
【問い合わせ先】
在釜山日本国総領事館
 住所:釜山広域市東区古館路18
 電話:051-465-5104~6(代表)
   国外からは(国番号82)51-465-5104~6
 FAX:051-464-1630
   国外からは(国番号82)51-464-1630